スポンサーサイト

--.--.-- (--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

 |  スポンサー広告

愛人ごっこ その73

2009.11.30 (月)


(前回その72の続き)

せっかくパヴェルがアメリカに来ているのに、「パヴェルと彼のジャパニーズ・レディー」という言葉が頭から消えず、私の心は晴れなかった。

彼は詳しいことは何も言わなかったけれど、キッチンのスタッフにからかわれている様子が容易に想像できた。

年上の女と寝てるんだろ。あの日本人の奥さん、おまえに夢中だよ。たくさん貢いでもらってラッキーじゃないか。よく9000ドルも都合してくれたもんだ。やっぱり若い男がいいのかな。旦那は知ってるのか。気をつけたほうがいいよ。

パヴェルは反論せずにただ黙っていたのだろうか。私にお金を借りなければ大学に行けなかった自分。惹かれ合ったとはいえ、私と肉体関係を持ったことを後悔しただろうか。何度も軽率に会いに来た私に、内心うんざりしていたのではないか。

私は彼に会うのが怖かった。

夫に対しては持たなかった罪悪感を、年下の愛人に感じたのはなぜだろう。

空港でキャンプのスタッフに私と一緒のところを見られるよりも、私を待ちぼうけにするほうを選んだ彼。飽きられる前に関係を解消したほうが傷つかないだろうと思ったこともあるのに、私はそれだけでもう傷ついていた。そして、彼が他に何を言い出すかと考えて、不安になった。

・・・

子どもたちはパヴェルと遊びたいと毎日ねだった。夫は、「キャンプが始まると忙しくなるだろうから、その前に一度呼んであげたらどうだ。」と言った。「まさか3年続けて来るとは思わなかったよ。」

心の準備ができていなかった私は気乗りしなかったが、パヴェルを呼ばなければ夫が不審に思うにちがいない。

私は彼に遊びに来ないかとメールを書き、人通りが一番少なそうな時間にお迎えに行くと言い添えた。ここではサマー・キャンプ以外に、年間を通して運営されているプログラムがあり、混雑していないときのほうが却って目立つのだ。

「お招きありがとう。会いたいと思ってたんだ。休みをもらって、子どもたちに付き合うよ。」

「私は車から出ないで、あなたが来るのを待ってるわね。いつものところ辺りに停めるから、探しに来て。」

「わかった。夕方と翌朝のシフトを休めばゆっくりできるけど、ボスに聞いてみないと。」

彼がそんな風に休みを取りたいと言って、大丈夫なんだろうか。キッチンのボスはよく働くパヴェルを気に入っている。それに、あまり人のことに口を出すタイプではなかった。スタッフは入れ替わりが激しいし、人手不足だから、パヴェルに嫌味なんか言わないはずだと、私は都合よく思い込もうとした。

「じゃあスケジュールがはっきりしたら、連絡して。噂にならないように、私からは電話しないから。」

「そんなに心配しなくていいよ。ぼくはあなたにとても会いたいから、会いに行く。ちょっとだけ気をつければいいんだ。」

パヴェルがそれほど深刻でないので、私はほっとした。そして、私に会いたいというストレートな言葉で、少し元気が出た。

これ以上、大学卒業を遅らせるわけにはいかない。来年つまり4年目は、どう考えても彼がここに来ることはありえない。これが最後なのだ。そんな大切な残り時間をびくびくして過ごしたくない。

・・・

パヴェルがやってくるまでの数日、私は待ち焦がれては不安になり、落ち込んでは開き直ったりしていた。

約束の時間より早めにキャンプの駐車場に車を乗り入れ、エンジンを止めて彼が現れるのを待った。

しばらくして、パヴェルはドアを開けて車に乗り込んで、にこっとした。彼の笑顔を見て、私の不安は吹き飛び、キスしたい衝動にかられた。でも、誰が見ているかわからない。私はエンジンをスタートして、家に向かった。

「久しぶりだね。元気だった? これ、リュベの新しいCDだね。」

「そうよ。私、ほとんど全部持ってるの。あなた、時差ぼけはないの? こちらに来てすぐ働き始めて、休みなしだったでしょう。」

「平気だよ。働くために来たんだから。それと、もちろんあなたに会うためにね。」

キャンプを離れるにつれ、私たちはリラックスした。でも、ときおり視線がからむだけで、車の中ではどちらからも手をつなごうとすらしなかった。

何ヶ月ぶりかで彼と2人きりの空間にいるうれしさ。

私たちの間には、あの懐かしい親密な空気が流れ、家に帰り着くまでの時間がもどかしかった。

(次回その74に続く)



クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

 |  愛人
 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。