スポンサーサイト

--.--.-- (--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

 |  スポンサー広告

ご近所一家LEさん その1

2009.03.14 (土)


角に住んでいるLEさん宅は、カスタムメードの凝ったデザインの家だ。スカイライト(天窓)がいくつかあり、普通の窓もフレンチドアという外に向かって真ん中から開くスタイルだし、玄関のドアも特注だという。

ご主人は、父親の起こした建築会社を引き継いでいる。母親が韓国人なので、100パーセント白人ではないのがわかる。朝鮮戦争のあとにアメリカに来たという母親は、白人至上主義である夫の家族に長い間無視されていた。戦争花嫁に対する偏見に耐え、アメリカに溶け込むために必死で英語を勉強して、子どもたちには韓国語は教えなかった、教えたくてもできなかった、と母親本人から聞いた。

夫の事業が軌道に載り、息子に代を譲った今は、メルセデスベンツに乗り、ここから10分くらい離れたアップスケールな住宅地に夫と住んでいる。なかなか母親思いのLE氏で、頻繁に行き来をしているらしい。韓国語を教えなくても、親孝行という儒教の教えは自然と息子に伝わったのだろうか。

母親は食べ物だけはアメリカ人になりきれなかったとみえて、どうやって材料を調達したのか不明だが、韓国料理を作っていたらしい。LE氏はいまだに母親のキムチを届けてもらっている。

     *     *     *

LE氏の奥さんは、アイリッシュ系。3人目を生んだ後に急激に体重が増えた。出産後初めて見かけたときは、彼女とはわからなかったくらいの肥満体になった。この町の放送局のような人で、子どもが小さいときには毎朝顔を合わせたものだが、翌年度の学校スケジュールなどを早々と見せびらかしていた。誰か学校関係のコネがあるのだろう。町のゴシップならLEさんに聞けというくらい、情報通である。常に会話の中心で、黙っていることができない。

続き

ご主人の事業が順調なのか、やたらとお金の話をする成金でもある。スクールバスが来る間に、母親たちが輪になって話しているとき、突然ブレスレットが落ちて(落として?)、「あーら、私のxxカラットのダイヤモンドが! オホホッ」などと言うのである。

近くのスーパーなど貧乏ったらしくて行きたくないわと、ウェブで発注して自宅配達してくれるサービスを使っている。ヘアサロンに足しげく通い、髪も爪もきれいにしている。ダイエットは難しいようだ。

近所で唯一、ドライブウェイにボートが置いてある。それもご自慢の種なのだが、夏の間、どこかの海で過ごすのだ。

この奥さんの運転する車は、アメリカ製の大型SUV。ガソリン代があがり始めたとき、「満タンにしたら、100ドル超えたわ」とうれしそうにしゃべっていた。また、アメリカでは9月の新学期に備えて、学用品や洋服など買いそろえる人が多いのだが、子ども3人分で500ドルもかかっちゃったわよ、と自分の経済力を誇示する。彼女が勝手に散財しているだけである。

ともかくお金があり余ってしかたないのよ~というのが、少なくとも半年前までのLEさんだった。2,3年おきにキッチンのリモデルをし、車を買い替えていた。

次回に続く)


<今日の英語>

Get off the computer!
コンピュータをやめろ!/コンピュータから離れろ!


いつまでもオンラインゲームをやめない下の子に、「もう止めなさい。」と私が何度も言ったのだが、ききめなし。上の子が加勢してくれたときのセリフ。さすがお兄ちゃんと思ったのもつかのま、空いた椅子にちゃっかり座った。な~んだ、自分がやりたかっただけ?




クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

タグ : アメリカ人 ゴシップ

 |  アメリカ人  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲ページトップへ

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://halfwaymark.blog114.fc2.com/tb.php/36-38109993

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲ページトップへ

 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。