スポンサーサイト

--.--.-- (--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

 |  スポンサー広告

車のメンテナンス、その後

2009.11.05 (木)


アメリカに来た当初は、車の修理の件で電話を受けても、何のことやらさっぱりわからなかった。

免許を持っていないどころか、どっちがアクセルでブレーキかも知らないときだ。夫の車について、整備士やサービス・スタッフから電話がかかってくる。

車の整備については、日本語で聞いてもわからないのに、英語である。

メモを取ろうにも、単語しか書き取れない。タイミング・ベルト? タイミングっておっしゃった? それは何をするものなんですか。

整備士は親切にも説明してくれたが、双方にとって時間の無駄であった。当然のことながら、私は夫に説明できず、修理金額と修理にかかる時間を伝えるのがせいぜいだった。

それが20年も経てば、自分で車をディーラーに持って行き、スタッフの説明を理解(したふりを)して、割引を要求するほどまでになっているのだ。

人間、進歩するものである。

          *

午後6時過ぎに、「修理が終わりました」という電話があった。約束どおり、その日のうちにやってくれて助かる。なにしろ私の足である。

15分後に、お迎えのミニバンが来た。朝とは別のお兄ちゃんであった。学生のアルバイトか、この辺に住んでいる人ではなかった。

GPSを付けている。私の車にはないので、珍しくて目が離せない。方向音痴の私に必要なのはこれだなと思う。なぜかまだ標準装備でないらしく、「オプションですよ。」とお兄ちゃん。

夏時間が終わったせいで、外は真っ暗。「なんか寂しいところですね。この町にはどれくらい? この町に住むのっていいですか?」

若者にしてみれば、遊ぶところもないし、田舎すぎるのだろう。私はこの静けさが好きなんだけど。

ディーラーでは、どこかのおじさんがデスクで粘っていた。サービススタッフが、真っ黒い部品を2つ手に説明している。

後学のために私も傍聴した。もしかして、あれはブレーキパッド? ずいぶん小さいけど、話の内容からしてブレーキのことだ。デスクには、anti-lock brake の図解まで広げている。

こういうのも学習しなくちゃなあ、とちょっと反省する。

          *

おじさんの会計は300ドル。しぶしぶとクレジットカードを渡していた。それくらいだったら、いいじゃない、私はその5倍払うのよと心の中で呟く。

スタッフがコンピュータのプリントアウトやメカニックのノートを見せて、私に説明してくれる。

英語はわかるが、あいかわらず具体的に何をどうしてくれたのか、ほとんどわからない。ボンネットを開けるのはフロントグラスの洗浄液を入れるときだけ。どれがエンジンでどれがバッテリかも自信がない。

ほんとに、ただ乗っているだけなのだ。

車社会のアメリカでは、メカニックがいなかったらやっていけない。特に私のように、車が走る仕組みがまったく理解できない者にはありがたい人々である。

今回の修理代は、税込みで1630ドル。

あと5年は乗るぞと決意する。でも、この次に大きなメンテナンスが必要になったら、下取りに出して新しいモデルを買うべきか迷う。

          *

ところで、私は試乗しても、車の性能はさっぱりわからないのである。ハンドリングだのコーナリングだの、ぜんぜんピンとこない。

止まっている車に乗って、運転席のすわり心地や見晴らし、ダッシュボードに手が届くか、どれがボタンひとつで動くか、それで決める。今のオデッセイを買ったときもそうだった。

オプションには興味がない。なるべく余分なものがついていないほうがいいのだ。私にとって、車はA地点からB地点への単なる移動手段。ドライブが趣味という人の気が知れない。

こういう客では、車を売るほうも張り合いがなくて、お気の毒である。


<今日の英語>

It is out of my price range.
予算オーバーです。


家探しをしている人が不動産のオンライン・リスティングを見て一言。It's too expensive for me (高すぎる)を婉曲に伝えたいときのセリフ。



クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

 |  生活  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲ページトップへ

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://halfwaymark.blog114.fc2.com/tb.php/349-0fc5090b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲ページトップへ

 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。