スポンサーサイト

--.--.-- (--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

 |  スポンサー広告

「戦時下」のアメリカで自転車操業

2009.10.29 (木)


アフガニスタンに駐留していた隣町出身のアメリカ兵が、道路に仕掛けられた爆弾で死んだというニュースを地元の新聞で読んだ。まだ24歳だった。

ふだんはすっかり忘れているけれど、そのへんの普通のアメリカ人がイラクやアフガニスタンくんだりまで出かけて戦っているのだ。

うちは軍人の知り合いはいないが、残された家族や友人のコメントを読むと、「なんでアメリカはいつまでもこんなことをやっているのか」と憤る。いま撤退したら、またタリバンが台頭するとか、イラクの治安が悪化するとか、理由はあるのだろうが、これが泥沼でなくてなんとしよう。

今週はアフガニスタンでの戦死者報道が多かった。アフガニスタン西部で米軍ヘリコプター同士が衝突してアメリカ軍兵士と麻薬取締局員が計14人死亡。カブールでの銃撃戦の犠牲となって、国連職員が6人死亡。

イラクの自爆テロなどはあまりに頻繁で、こっちの神経が麻痺してくる。

アメリカ国土が戦場ではないから、「戦時中」という意識がふだんはまったくない。隣町の若者の戦死を知って、「そういえば、まだ戦っていたんだな。」と思い出す。

          *

アフガニスタンでは2001年から、イラクでは2003年から戦争が続いている。今夏の時点でイラクにいる米軍は15万人以上。アフガニスタンには5万7千人。

2009年5月15日付 Congressional Research Serviceレポートによると、戦争にかかった費用はイラクで6420億ドル、アフガニスタンで1890億ドル、保安費用が280億、その他50億ドル(これほど巨額な「その他」の内訳や如何に)。総額8640億ドル。単位が大きすぎて、見当がつかない。

いったいどこからそんなお金が出てくるのだろうか。


侵略の経費は石油の売上げで賄えるからオッケー!とほざいていたジョージW。パイプラインが破壊されて、イラクの石油輸出はフセイン時代の4分の3なのだ。まったく何を考えてたんだか(あの頭では、おそらく何も考えてなかったであろう)。

AP通信によると、アメリカの財政赤字は1兆4200億ドル。これはアメリカ人全員が一人当たり4700ドルの借金を抱えている計算なのだそうだ。

その一方で、景気刺激策として国民にお金をばらまいたり、破産した会社を救済したりしてきた。アメリカという国家そのものが破産状態ではないか。巨大な自転車操業をしているようで、空恐ろしくなってくる。

だいたいジョージWみたいなパープリンを2回も大統領(兼 Commander-in-Chief 最高司令官。あのパーが?冗談では済まない)に選んだ国なのだ。

こんなことで私の年金はもらえるのか、非常に気がかりである。

          *

なかなか景気が回復しないアメリカ国内には、そうでなくてもやるべきことが山ほどある。

失業や健康保険の問題だけでなく、売春や暴力の犠牲になっている未成年やホームレスの急増が連日報道されている。

寄せられるコメントには、「アフガニスタンやイラクの国家建設にかまけている場合じゃない。アメリカの中を建て直すのが先だ。」というのが必ずある。

私も、pot hole と呼ばれるアスファルト道路にできた穴をよけながら、「イラクの道路より先にこっちを直してよ。」と思う。

しかし、ベトナム戦争よりも泥沼化している現状では、にっちもさっちもいかないらしい。

イラクはともかく、アフガニスタン。ここで見捨てたら、タリバンが盛り返すのが目に見えている。オサマ・ビン・ラディン以下、月か火星へ行って、戦いごっこでもイスラム原理主義理想郷建設でもなんでもやってもらいたい。

宗教がからむと、やたらに争いが起きる。

だから私は宗教が(宗教も?)嫌いなのである。特に、あれをしてはいけない、これをしてはいけないという束縛好きな組織化された宗教へのお誘いは、一切ごめんこうむる。

          *

それでも、アフガニスタンで学校にも行けない、一人で出歩けない、夕食の材料にも困っている女性たちの話を読むと、なんとかならんのかと思う(思うだけで、反戦デモに出かける私ではない)。

イラクやアフガニスタンのごく普通の人々がこんな状況でも生活している(せざるをえない)ことに驚く。出勤や買い物は命がけだと思われる。

食べるためにはケシ栽培もしよう(UNレポートによると、世界のアヘンの92%はアフガニスタン産。タリバンの収入源ともなっている。そして、世界のヘロインのほぼ半分はヨーロッパとロシアで、42%はイランで使われる。こうやって世界はつながっているわけだ)。

食べ物や水や燃料はどうするのか。アフガニスタンはもう雪が降っているんじゃないだろうか。

いつでも一番の犠牲者は女性である。男に比べて選択肢が少ない。そんな状況でも子どもを産み育てる宿命になっている。

戦争をしかけたアメリカ。ワールド・シリーズで浮かれ騒いでいる場合か。
(ワールド? アメリカとカナダだけのローカルな野球試合でしょ)。


<今日の英語>

It's one-step-forward-two-steps-back.
一歩進んで二歩後退という状況です。


イラク情勢について語ったジャーナリストの一言。.



クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

 |  社会  |  コメント(4)

Comment

本当ですね。

いつも密かに(楽しみに)拝見させてもらっています。ハロウィンの記事など、共感しています。日本ではバレンタインがうっとーしいです。あれはチョコレート会社の陰謀ですね。

パープリン・ブッシュWには同感しながら笑いました。本当に、馬鹿ですね。
アメリカは他の国に強引にかかわりすぎだと思います(お金のため?某政治家達による勘違い政治から大きなダメージを食らい続けていますよね)結局ガス代が上がったり市民にしわよせがくる。
彼らはアメリカは全世界の中心と思ってると思います。
先日偶然こんな記事を見つけて
http://isaos.blog59.fc2.com/blog-entry-66.html
ブッシュって最低だなぁ・・ところでケムトレイルって何?と思って調べたら、すごく怖かったんですが、komatta3さんの住んでいる地区でもこういう雲見かけますか?ご存知でしたか?
アメリカ北半球で実施されているとか・・。
ちなみに日本ではすごいです。



nana |  2009.10.29(木) 02:41 | URL |  【編集】

昨日に引き続きコメントさせていただきます。
こちらのブログ記事を読むのが一日の終わりの楽しみとなって数ヶ月がたちます。
ブッシュは本当に使えなかった(苦笑)。巨大な自転車操業・・・、怖いです。
vegas |  2009.10.29(木) 22:30 | URL |  【編集】

はじめまして

確かに前大統領の至らなかった点はあるでしょう。でも、私は、未だに何でも前任者のせいにばかりしている、現大統領の方にもっと不安を感じます・・・決断力がなさすぎ?

少し前に偶然たどりついた、このブログ、興味深く読ませていただいています。私もそろそろ在米20年になるところです。本当に、komatta3のおっしゃるように、あっという間でした。そして、これからも「あっという間」なんでしょうね、きっと・・・

neko |  2009.10.30(金) 09:50 | URL |  【編集】

こんにちは

いつも楽しく拝見させて頂いてます。

今回も本当に共感しました。私もブッシュが再選された時アメリカ人は本当にバカなんじゃないかと思いました。世界中がそう思ってました。(知らないのはアメリカ人だけ)あのバカに8年も大統領をさせたツケは、いくらオバマが出てきたところで、どうにもならないでしょう。アフガンで止めときゃいいものを私欲のために国連も無視して嘘の情報を理由にイラクに侵攻したために今の泥沼化。あんな奴の尻拭いばっかりさせられてるオバマは本当に気の毒です。

気の毒といえばアフガンの女性達です。胸が痛みます。タリバンは女子校も狙って攻撃してるみたいですね。本当に宗教って言えば何でも赦されると思ってるから、どうしようもないですね。だから私も宗教は嫌いです。アフガンの女性の8割以上は日常的に家族からも暴力を受けてるそうです。殴る蹴るだけじゃなくて耳とか鼻を切られたりガソリンをかけて火をつけられたりも珍しくないそうです。ちなみにアフガンの女性の自殺率は世界一です。

長々と失礼致しました。
nina |  2009.10.30(金) 17:11 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲ページトップへ

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://halfwaymark.blog114.fc2.com/tb.php/339-305b0360

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲ページトップへ

 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。