スポンサーサイト

--.--.-- (--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

 |  スポンサー広告

すごく迷うなら、たぶんどっちでも同じ

2009.10.15 (木)


私が愛読している日経ビジネスに、「ロジカルシンキングの達人になる」という連載がある。

ビジネスマン対象のコラムを、ぐうたら専業主婦の私が読んでどうしようというのでもない。ただ楽しみで読む。

先日は「あれもこれもできる!時間倍増の秘訣」というテーマだった。

     *     *     *

私は済んだことをああでもない、こうでもないと振り返って悩むことが多かった。

特に、日本人の集まりに参加したあとは、なまじ日本語の細かいニュアンスがわかるために、「あのときこんな言い方してよかったかな。あの人がああ言ったのは、どういうつもりだったのか。」などと気になった。

疲れる会合に出るのは止めて、そういうことは減ったが、今さら変えられないことにどれほど時間を費やしたかを考えるだけで、もったいなかったと思う。

年とともにたいてい吹っ切れるようにはなった。でも、優柔不断は性格なので、なかなか直らない。

卑近な例で言うと、アメリカでスーパーに行くとする。りんごが山積みになっている。できるだけ傷のついていない、新鮮でおいしそうなりんごを選びたい。そう思って、手に取ったりんごを引っくり返して点検する。

こちらでは、傷がついていたり、一部変色していても、普通に売りに出ている。日本に手に入るようなりんごを買おうと思うと、やたら買い物に時間がかかる。そんなことだから、よけいに出かけるのがいやになるのである。

子どものアスレチック・パンツをオンラインで買うにも、ダークブルーとロイヤルブルーのどっちがいいか、何十回もクリックしてまだ決まらない。子どもはどっちでもいいと言うのに。

先述のコラムに「どちらにしようかとても迷うなら、きっとどっちでも一緒」という言葉があった。

迷うことに時間をかけるより、どっちかに決めてしまって、選んだほうを成功させることに時間をかけるべきだというのである。

確かにどれだけ時間をかけても、持ち帰るりんごは似たり寄ったりだし、服装にこだわらない子どもたちにとっては、ロイヤルでもダークでも単なる青なのだ。

     *     *     *

時間だけはたっぷりある私は対象外なのだろうが、生産性を挙げるためのコツも書いてあった。

「忙しいからできない。」という人の本当の理由は、時間ではなくて、そのことに対して自分の気持ちが強くないからだという。

私は「時間がない。」という言い訳は使えない。単に、やる気がないからやらないのだ。しかも、それが許される環境にあるという最悪のパターン。

コラムの著者は「アクセルを踏む・ブレーキを放す」という例えで、どうしたらやれるようになるかを説明している。なるほどと思うが、家事は、進歩が見える・評価される・金を払う・名誉がかかっている類のものではない。

私の場合、家事ではアクセルが踏めそうにない。でも、目標を小刻みにするなど、ハードルを下げることは可能かもしれない。

「今日は絶対これだけはやる。」ということを1つだけ決めて実行するのはどうだろうか。

それさえ終われば、あとはどうでもいい。他の用事はすべてオマケと考える。

1つだけというのがミソである。つい欲張って、3つも4つもやることを決めると、2つできても達成感がなく、すぐに挫折する(私の場合)。そして翌日以降、何もしないで終わってしまう。一番やるべきことには、ほとんど手をつけないまま。

とりあえず、今日の唯一の目標はIRA(個人退職金口座)の件で投資会社に電話すること。

これはもう4ヶ月も先延ばししてきたのだが、今年度中に片付けないと税金に影響する。それはずっとわかっていたのである。わかっていてもほったらかしておいたという横着さ。

そうだ。こうやってブログに宣言するのも、動機付けになる(かもしれない)。

【追記: 電話完了。書類再送付。もっと早く行動すればその必要はなかった。】


<今日の英語>

They are taking no prisoners.
彼らは徹底的にやるつもりです。


飛行機のエンジンに吸い込まれて甚大な被害を起こす Canada geese (ガンの仲間)を捕獲するために、公の機関がNY周辺で活動している。「一羽でも多く捕まえるのが目的で、そのためには積極的に行こうということです。」というレポーターの一言。元の意味は、「捕虜を取らない」。つまり、捕虜にするのでなく皆殺しにする。



クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

 |  生活  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲ページトップへ

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://halfwaymark.blog114.fc2.com/tb.php/322-a8731e80

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲ページトップへ

 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。