スポンサーサイト

--.--.-- (--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

 |  スポンサー広告

女装の大男

2009.10.05 (月)


子どもたちを連れてスーパーに出かけた。カートを押し、重い荷物を運ぶための労働力である。

駐車場は混んでいたので、入り口からだいぶ離れたところに車を停め、並んで歩き始めた。子どもたちは英語でゲームの話をしていたが、私はそういうときでも日本語であれこれ話しかける。子どもたちは生返事。

頭の中で夕食はどうしようと考えていると、向こうからスカートをはいた女の人が歩いてくる。膝丈でストレート。休日の田舎ではスカート姿はあまり見かけない。

ばっちり化粧をしている。赤い口紅が遠めにもわかる。まあ、めずらしい。私なんかスッピンで外出しているのに。

それにしても、ずいぶん大柄な人ね。肩幅もあるし。だから、ああいうブラウスが着られるのかな。

あと3メートルくらいですれ違うときに、「ハニー! クリームチーズ買うの、忘れたわよお~。」という野太い声。

え?と思って見たら、真っ赤な口紅の周りに青々とした剃り跡があった。

思わず振り向くと、その大柄の彼女(彼)は連れ合いらしい男の人の方へ近づいていった。相手の男はごく普通の人。トランクを開けていた。ハニーって、あのひと!?

     *     *     *

思わず子どもたちに言った。日本語だから、周りの人にはわからない。

ねえねえ!今の見た? あの女の人、男じゃないの? どう見ても、男よ。髭剃りの跡があったもん。どうもがっしりしてるなあと思ったのよ。」

「おかあさん、そんなことどうでもいいんだよ。

「だって、こんな田舎で女装の男なんか見ないじゃない。ここに15年住んでるけど、初めて見たのよ。あーびっくりした。」

子どもたちは、なんで私が驚くのかわからないような顔をしている。学校の性教育の賜物か、テレビドラマの影響か。

長男の通うハイスクールには、学校が後援している Gay Straight Alliance というクラブがある。女装の男子生徒はいないらしいが、ゲイまたはレズビアンを公表している生徒はいるという。

「驚かない? 私だって、サンフランシスコやマンハッタンなら驚かないけど、こんな田舎で女装だから、驚くじゃない。」

「別に。その人の趣味なんだから、ほっとけば。着たい服を着ればいいじゃん。」

まあ、そりゃそうなんだけど。私はリベラルのつもりだったが、頭は古いのかもしれない。性嗜好は本人の自由だと常々思っていたので、こんなにびっくりした自分に驚いた。

今の子どもたちがそういう人に偏見なしで接することができるなら、それは進歩だと思う。

近くで見ればどうみても男なのに、この田舎で堂々と女装して出歩く彼(彼女)の潔さ。相手の男の人と仲良くやってるんなら、それでいいのだ。

「あの髭剃り跡さえなければねえ。惜しいわねえ。」としつこい私を、子どもたちはもう相手にしない。


<今日の英語>

This is not an open-and-shut case.
これは単純明快な事件ではない。


CBS のトークショー・ホスト David Letterman がスタッフの女性たちとの関係をネタに、CBSのプロデューサーからゆすられた事件で、容疑者の弁護士が「これは、一目見ればわかってすぐ終わりという単純な訴訟ではない。もっと複雑な背景がある。」と一言。



クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

 |  アメリカ人  |  コメント(1)

Comment

21世紀

私が生活をし出した1981年当時のニューヨークには、右にも左にも前にも後ろにも、とにかくゲイの男性が多かった。デパートの化粧品売り場に働く奇麗な女性の声は太くて低い人が多かった。
しかもおしゃれで良い男はみんな必ずと言ってよいほどゲイの男性で、ストレートの男性はどこか野暮ったく冴えない風貌で、ひと目でゲイなのかストレートなのかが分かりました。
通っていた大学の教師陣にもカウンセラーも、歯医者もアパートのスーパーも、洋服屋の店員も美容師もゲイの男性ばかりでした。
ニューヨーク市の人口が、「トラック1台分の女の子に1人のストレートの男性」と言われていた時代です。
あれから30年が過ぎ、ニューヨークの街も人もずいぶん変わりましたね。
あれほど空いていて怖かった夜の地下鉄も、今では満員だし、安全だし。ストレートの男性がみんなおしゃれになって、ゲイの男性と区別がつかなくなりました。
街には学生や家族連れ、おしゃれをした若いストレートの男女が増え、東洋人もとても多く、どこか東京に似たものを感じます。
そんななか、休日の昼間の公園に行くと、2人の男性が子供連れている光景があり、30年前のあの派手なニューヨークの中心にいた住人たちが、今こうして社会のなかに溶け込んでいるんだなって思います。
これが30年前だったら、きっと私も何人ものストレートの男性と恋に落ちていたかも知れないって思います。
ケンケン |  2012.03.29(木) 01:22 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲ページトップへ

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://halfwaymark.blog114.fc2.com/tb.php/308-7d285628

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲ページトップへ

 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。