スポンサーサイト

--.--.-- (--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

 |  スポンサー広告

まだ続いていた隠し子騒動

2009.09.27 (日)


先日のNYタイムズに、エドワーズ元上院議員の隠し子記事が写真つきで2ページにわたって掲載されていた。まだやっていたのか。

乳がんを患っている妻エリザベスをよそに、選挙運動中のビデオ・プロデューサーだった45歳のリール・ハンターと浮気。しかも、彼女を妊娠させた。

肝心の予備選では2%しか票を得られず、選挙戦から脱落。その後はヒラリーとオバマの一騎打ちになったわけだが、それにしても、元大統領候補がここまで落ちるかというくらい落ちたものだ。

政治家の浮気や隠し子騒動は今に始まったことではない。特に、結婚のモラルとか家族の存続とか、えらそーなことを言う保守派がすぐばれる情事にふけって何人も転落している。

エドワーズもちょっと見た目のいい笑顔を振りまき、なまじいい父親を演じて、家族がどれだけ結束しているかをアピールしたために、仮面がはがれるにつれて、どこまでずるいヤツだと嫌悪感が強まるばかり。

     *     *     *

浮気がばれたときの言い訳(エリザベスの癌は寛解期だった)もたたかれたが、隠し子がばれたときに、選挙運動の補佐役に身代わり宣言をさせていたのが表面化して、非難ごうごうとなった。そういう隠ぺい工作はたいがいばれるものである。

補佐役は自分の名誉を汚してもエドワーズを守ろうとしたのであるが、「あれはエドワーズに頼まれてやったことだ。彼が赤ん坊の父親だ。」という暴露本を出版するという。

エドワーズが大統領になったら見返りがあると思ったのか、はきちがえた友情なのか。結果として、さらにエドワーズの評判を落とした。

浮気相手のハンターは出産して、これからエドワーズの地元ノースカロライナ州に引っ越すらしい。選挙資金から、BMWのプレゼントや彼女への送金があったことも判明して、そちらの取調べも残っている。ハンターが赤ん坊を連れて法廷で証言するなど、泥沼である。

エドワーズは「妻が死んだら、結婚しよう。」とハンターに持ちかけたとも報道されている。まったく何を考えてるんだか。

     *     *     *

ここまで来れば、もう逃げられない。エドワーズは、自分が父親であると名乗り出ようとしているらしい。DNA検査ですぐばれるだろうから、やっと腹をくくったと思われる。

ところが、妻のエリザベスは夫が白状することに反対しているのだ。まったく理解できない。

どうして彼にしがみついているのだろうか。子どものためだろうか。子どもだってもう小さくない。いろんなことがわかる年である。長男は16歳で事故死したが(夫婦で悲しみを乗り越えたというのも選挙中の売りだった)、残る3人は9、11、27歳。

夫から慰謝料をぶん取って、子どもたちと平和に暮らせばいいのに。ここまで侮辱されて、タブロイド紙にあることないこと書かれて、これ以上惨めにならなくてもいいではないか。

エリザベスはトークショーにも出たという。どうしてわざわざマスコミの餌食になろうとするのか、政治家の奥さんというのはわからない。長年、公の生活をした人は感覚が違うのだろうか。彼女が弁明すべきことなど何もないのに。

     *     *     *

そもそも、エドワーズはなぜ避妊しなかったのか。高校生じゃあるまいし、相手が妊娠したらどうするつもりだったのか。いい年をした男が何を考えていたのだろう。

NYタイムズには、これはニュースではない、こんなくだらない話を載せるなという読者の声もあった。景気回復とか健康保険制度とかアフガニスタン問題とか、「本当のニュース」を報道せよということである。

これ以上、落ちぶれたエドワーズを追いかけてもしょうがないが、346件のコメントと言う反響の大きさからして、行方が気になる読者も少なくない。浮気そのものよりも、coverup (隠ぺい工作)に嫌悪感が強いようだ。

私は、政治家が聖人君子だとは思わない。むしろ、うさんくさい輩だと思っている。

エドワーズを信頼して応援していた人たちの中には、裏切られたと憤っている人も多いようである。scum(人間のくず), gross(吐き気を催す), despicable(見下げ果てた), jerk(むかつく奴), swine(豚=いやな奴), scuz(汚らしい奴), rube(世間知らずの田舎者), Shame on you.(恥知らず)と、こきおろされていた。

不景気の憂さ晴らしには、エドワーズは格好の標的かもしれない。本来はエドワーズ夫妻とハンターの問題なのだろうが、そうは問屋が卸さない。

どんな顔をして人前に現れるつもりかと思うが、そこは面の皮の厚さが尋常ではないのだから、外出嫌いの私などが心配しなくてもいいのである。


<今日の英語>

Too little, too late.
少なすぎ、遅すぎ。


エドワーズがようやく事実を公表するらしいという報道に、「今になって、しかもその程度しか認めないのであれば、不十分だし、遅すぎる。」と突き放した人のコメント。



クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

 |  社会  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲ページトップへ

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://halfwaymark.blog114.fc2.com/tb.php/296-c817b5ff

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲ページトップへ

 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。