スポンサーサイト

--.--.-- (--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

 |  スポンサー広告

レシピ: ミートソース

2009.09.23 (水)



=== 簡単レシピ その12 ===
圧力鍋で作るミートソース

  1. 圧力鍋にオリーブオイル大さじ2を熱し、たまねぎ中2個(ざく切り)、にんじん1/2本(みじん切り)、セロリ2本(薄切り)を強めの中火で炒める
  2. 野菜全体に油が回ったら、合いびき肉1.5ポンド(600g)を入れて、さらに炒める。
  3. 肉の色が変わってきたら、にんにく4片(みじん切り)を加えて、炒める。
  4. 肉に火が通ったら、ブイヨン4つと水200ccを入れて、ひと煮立ちさせる。
  5. トマトの缶詰1つ(28オンス=800g)、ローリエ2枚、しょうゆ大さじ4、トマトケチャップ大さじ6を入れて蓋をし、強めの中火で圧力をかける。
  6. 重りが上がったら火を弱めて、20~30分経ったら火を止め、自然に圧力が抜けるまで置く。
  7. 蓋を開けて、水っぽくなくなるまで弱火で煮込み、塩コショウする。

  • 肉は、豚・牛・仔牛の合いびきを使用。
  • にんじんとにんにくをフードプロセッサーで細かくして、肉のあとにまとめて入れてもよい。
  • トマト缶は、Crushed Tomatoes, Diced Tomatoes など何でも。
  • 加圧中に焦げないように、火加減に注意。野菜がとろとろになるくらいで調節する。もし焦げたら、底までかき混ぜない。
  • とろみが足らなければ、コーンスターチの水溶きを最後に加える。

*     *     *

これは日本のレシピ3つを適当に混ぜて、圧力鍋で作ってみたもの。

元レシピは肉の量がこの3分の1だったけれど、アメリカのスーパーで売っている合いびき肉(3種類が1パックに入っている)は最低1.5ポンド。その他の材料も、それに合わせて増やしたので、かなり大量にできる。

これに限らず、アメリカに来てから一気にどーんと作ることが多い。

特に肉を使うときは、日本では100グラム、アメリカでは1ポンド(453グラム)単位で売られているせいか、肉の割合が大きくなる。

たくさん作ってたくさん食べるのだから、太るわけだ。

ところで、圧力鍋で作ると、たまねぎは溶けるが、なぜかにんじんの形は残る。だから、あまりにんじんが好きではない長男のために、みじん切りにしている。でも、面倒なときは、にんじんとにんにくをまとめてフードプロセッサーで粉砕すると、あっという間に準備完了。

でき上がり分量の半分くらいは、小分けにして冷凍庫へ。パスタをゆでる気力しかないときの晩ご飯となる。肉を食べない私だけ、貴重なたらこソースで。


<今日の英語>

It will blow your socks off.
たまげるぞ。


夫が子どもたちにオンラインゲームでの進展を説明していたときの一言。あるアイテムが、聞いたら驚くような値段で売れたんだそうな。It will knock your socks off.とも言う。



クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

 |  レシピ  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲ページトップへ

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://halfwaymark.blog114.fc2.com/tb.php/292-40f405c5

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲ページトップへ

 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。