スポンサーサイト

--.--.-- (--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

 |  スポンサー広告

ペーパータオルを使いすぎるアメリカ人

2009.09.13 (日)



私はケチだが、ペーパータオルは割といいものを買う。

安いものを買ったら、ペラペラで吸収が悪かった。点線が入っていてもうまく切り離せず、ホルダーからロールごとガタッと落ちてしまう。それなのに、すぐ破れる。しかたなく何枚か重ねて使うので、結局は節約にならないことがわかった。なにより粗悪品は精神衛生上よくない。

アメリカに移住するまでペーパータオルなど使ったこともなかったのに、今ではキッチンとマスター・バスルームの壁にホルダーを付けて、すぐに取れるようになっている。

※アメリカのペーパータオルは、日本のキッチンペーパーより薄く、揚げ物の油切りにはいまいち。ロール状で、点線の切れ目が入っている。うちにあるものは、1枚あたり11インチ(28センチ)四方で、60枚分つながっている。

お金はかかる、ごみは増えるで、よくないとは思いつつ、使い捨ての便利さとバイ菌が広がらないという点で手放せない。

それでも、1回に1枚ずつ点線のところで切り、ちょっと水気を拭いただけなら、シンクの隅っこに置いて後で掃除に使う。もったいなくて、すぐには捨てられない。


     *     *     *


私がけなげな努力をしているのに、夫は意味もなく大量に消費してくれる。

夫は1枚だけ取ることは、まずない。ガラガラッとロールを引っ張って、必ず2枚以上を出す。もしかしたら最低3枚かもしれない。ともかく、勢いよく引っ張って、出ただけ使うようなところもある。

それでいて何に使うのかというと、たとえばプラムを1個食べるとする(何もしない夫だが、プラムは好きなので、自分で切る)。お皿かまな板を出せばいいのに、ペーパータオルの上にプラムを置き、果物ナイフで半分に切り、種を出す。食べたら、そのままにして立ち去る。

だから、二重三重にしかれたペーパータオルとその上にプラムの種が1粒、そしてプラムのジュースが数滴飛び散っている光景を私はしばしば目にする。

今さら習慣は変わらないだろうとあきらめて、最近は夫に何も言わない。そのかわり、夫を反面教師として、これがいかに無駄であるか、もったいないかを子どもたちに説明する。

ローストチキンを食べるときは、夫にさばいてもらう。そうすると、ペーパータオルのロールが3分の1は消える。チキンが油っぽいとはいえ、いったいどうやったらそんなに使えるのか。

こういう夫は、ファーストフードなどでも、やはり大量のペーパーナプキンを掴むのである。外出先のトイレでも、手拭用のペーパーを何枚も使っていそうな気がする。

だから、たまに夫が環境問題について話をすると、「地球温暖化の心配よりも、まずペーパータオルを使うのを減らしたらどうなのよ。」と心の中でしらける。


     *     *     *


それでも、食べ物関連ならまあ許そう。夫は、鼻をかむのにもペーパータオルなのである。しかも、2枚重ねる。

すぐ横にティッシュペーパーの箱があるのに、わざわざ硬いほうのペーパータオルを使う。ティッシュではやわらかすぎて、勢いよく鼻をかむと破れるそうだ。

私はティッシュもいいものを買っているつもりである(ただし、学校への寄付はストアブランドの安物)。柔らかくて肌触りがよい。ペーパータオルで鼻をかんだら、痛いではないか。

夫は自分の部屋にもペーパータオルのロールを持ち込む。そして、ゴミ箱があふれるくらいに大量に使う。

私は何に使ったのか知っているけれど、プライベートなことなので夫を問い詰めたりしない。私が相手をする必要がないなら、そのほうがよっぽどいい。そして、ごみの日の前日に、大きい黒いゴミ袋を渡して回収する。

こうして、買い置きのペーパータオルはまたたく間になくなる。


     *     *     *


アメリカ人はペーパータオルを大量に消費する。」と思い込んでいたが、カリフォルニア在住の夫の父や継母はそうでもないのである。

年代のせいなのか、もったいない精神なのか、わからないけれど、彼らのキッチンではペーパータオルはうちの10分の1くらいしか出番がない。だいたい細くなったロールが隅っこに置いてあるだけ。バスルームにもない。

そのかわり、dish cloth とか dish towel と呼ばれるコットンのキッチン用タオルを何枚も使う。義母はきれい好きなので、キッチンタオルも清潔。まとめて洗濯機で洗い、引き出しにしまう。

私もキッチンタオルは使うけれど、ついペーパータオルに手が伸びる。もしかしたら、「日本人って、案外ペーパータオルを無駄に使うね。」と夫の家族に思われているかもしれない。

アメリカ人日本人と、簡単に括れないか。


<今日の英語>

It's really bubbling over.
すごく吹きこぼれてるよ。


スパゲティをゆでながら他の料理をしていた私に、夫が一言。じゃあ、かき混ぜるとか火を弱めるとか、なんとかしたら? それに、泡がボコボコに吹きこぼれそうになっているだけで、まだ溢れ出してません。



クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

 |   |  コメント(3)

Comment

(笑)うちも同じです~v-8
mommy.jp |  2009.09.13(日) 07:02 | URL |  【編集】

右に同じ

そのうえ私はドケチ呼ばわりされます。
Rama |  2009.09.13(日) 10:31 | URL |  【編集】

本当に。

いつも読ませて頂いています。
気負わない、淡々とした文章が気にいったので。
キッチンペーパーなんて日本にいた時は使ったことがなかったのに、
ついつい使ってしまうその気持ち、非常によくわかります。
“ちょっと水気を拭いただけなら、シンクの隅っこに置いて後で掃除に使う。”
も同じです!
ちょっといい質のを買う理由まで。
トイレにもあります。
そういえば、祖母はティッシュペーパの箱を一度買えば一年はもつくらいの消費量でした。
使い捨ての感覚がないのでしょうね。
メガネざる |  2009.09.13(日) 11:13 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲ページトップへ

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://halfwaymark.blog114.fc2.com/tb.php/276-2da6ef69

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲ページトップへ

 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。