スポンサーサイト

--.--.-- (--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

 |  スポンサー広告

日本で服を買わなかった理由

2009.09.06 (日)


日本でデパートやショッピングセンターに行ったのはほんの数回だったが、服は買わなかった。というか、買えなかった。

まず、店頭のマネキンが異様に細い。アメリカのマネキンも人間より細く作ってあるけれど、日本のはむしろ薄いのか。そして、小さい。

その薄くて小さいマネキンが着ている服のサイズを想像して、お店に入りそびれた。

ふだんから日本の雑誌やカタログを見ていれば抵抗ないのだろうが、3年ぶりに、しかもその前の滞在中も洋服を買わなかった私には、日本の服がずいぶん変わったものに見えた。

今年の流行なのか、幼稚園のスモックみたいな長めのトップと、黒いスパッツ。細くて足にぴったり張り付くジーンズ(これも裾が折ってあったりする)。そんな服を着る自分が想像できなかった。

実際に街中でもそういう格好をよく見かけた。あの湿度と気温で蒸れないんだろうか、と余計な心配をしてしまった。それに、トップというよりはワンピースくらいの丈なのに、それでも下にスパッツをはいている人がいた。

髪を切ったときに美容師に聞いたら、「ナマ足が出せないんですよ。みっともなくて。」とのことだった。彼女は水泳選手だったそうで、上背も肩幅も体の厚みもあり、どんな洋服でも着こなせそうなのに、せっかくのすらりとした足をスパッツで隠していた。

アメリカでは、ナマの足つまり素足がみっともないという感覚はないと思う。

そうでなければ、脚の形や皮膚の状態がどうであれ、年齢に関係なく平気でショートパンツにサンダルで出かけるはずがない。

     *     *     *

私がアメリカで買う服は、流行ではない、カタログのいわゆる定番と呼ばれる安価なものばかりだけれど、それでも立体的に作ってある。手に取ってみた日本の服は、平べったく感じた。

そして、日本の服のサイズを忘れてしまっていたことに気づいた。20年前、いや10年前と比べても、私の体型はすごく変わった。裁断のせいか、9号なんか子供服みたいに見える。絶対入らない。

若い子用の服は感覚が違うなと思って、ミセスのコーナーに行くと、一挙に色が渋くなって、デザインもこれまた私の予想と違っていた。普段着を探しているだけなのに、アメリカで見慣れている服とこんなに違うものかと不思議だった。

東京ならもっと選択肢があったかもしれないが、買いに行く気力もお金もなかったため、早々にあきらめた。

     *     *     *

結局、ユニクロのブラトップを2枚買っただけである。それも、実家の近くにはお店がなかったので、オンラインで注文した。

1500円のところ、セールで990円。安い。

ブラトップに似た製品は前にアメリカで1枚買って持っていたが、それは30ドル以上した。ユニクロのは、それより格段に着心地がいい。ずっとニュースで聞いていただけのユニクロを入手して、やっと「一般人」に近づいた気分である。

マンハッタンの SOHOにも Uniqlo が出店したが、うちからは1日がかりの外出になるので、行きそびれていた。

でも、この値段でこの質なら、一度は買い物に行ってみる価値があるかもしれない。これからの季節、ヒートテックというのを見てみたい。

一度も Costco に行ったことがないのが発覚して(別に隠していたわけではないけれど)、補習校の友人たち、特によく出歩くらしい駐在の奥さんたちに驚かれた私である。「夏に、ユニクロの服を初めて買ったのよ。」と感動していては、また同情されそうである。


<今日の英語>

That was an eye-opener.
それは私の目を開いてくれた。


大学で建築を専攻するつもりだった女の子が、Studio Art のクラスで担当教授の話に啓発され、美術も併せて勉強することにした。目からうろこでした、という一言。



クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

 |  生活  |  コメント(1)

Comment

”愛人ごっこ”シリーズだけ飛ばし読みしてる私が…うふふ…
ブルーライトスペシャル |  2009.09.06(日) 05:29 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲ページトップへ

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://halfwaymark.blog114.fc2.com/tb.php/253-56128106

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲ページトップへ

 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。