スポンサーサイト

--.--.-- (--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

 |  スポンサー広告

義父の退院

2009.08.19 (水)



gallbladder infectionで手術した夫の父は、1週間入院したあとでリハビリ施設に転院した。

義父は病院でも歩く練習を始めたほど、順調に回復したらしい。いくつか持病のある85歳だけれど、さすがに農場育ちで大恐慌と第二次世界大戦をくぐりぬけただけのことはあり、もともと強い人なのだ。

今回の手術は老体にこたえただろうが、このまま弱るとは思えない。クリスマスか来年の夏か、また私たちが遊びに行くころには元気になりそうである。

     *     *     *

アメリカの病院では、日本のような付き添いは要求されないが(少なくとも私が手術して3日入院したときは、まったく不要だった)、それでも夫は父親の病室に詰めていたと言う。喉が渇いたときにコップを渡したり、枕を動かしたり、あれこれやることはあったらしい。

その間、継母のリンは、これまで義父が引き受けていた支払いや税金の片付けをしていた。

リンはカバンやリネンのデザイナーで、義父とともに会社を経営している。もう引退してもいい年なのに、どういうわけか細々と続けていた。リンはいかにもアーティストでビジネス面は苦手。今までは数字に強い義父がいたからいいものの、これからはどうなるのだろう。

その義父も頭はしっかりしているが、耳が遠くなり、また気力が続かないのか忘れっぽくなったのか、未処理のものがあれこれ見つかったらしい。

私は芸術的センスはゼロだけれど、夫が駄目な分、この20年間ずっと税金も請求書も投資も私がやってきた。私が近くに住んでいれば、そういうことで貢献できるかもしれないとふと思ったが、彼らにしてみればファイナンスを義理の娘である私に公開するのには抵抗があるだろう。

アリゾナ在住の夫の弟はどうなったのか。入院中に一度くらい顔を見せたのか。父親の今後について、兄弟で話し合ったのか。夫が何も言わないので、私も聞かない。触らぬ神に祟り無し。特に、夫の身内に関しては。

夫と義父が大きな喧嘩をせずに(こちらの親子関係も微妙なのである。小さい言い争いは当然起きたはずだが、今回はさすがに夫が譲ったであろう)、病室で数日間顔を合わせていただけで目的達成といえる。

     *     *     *

今日でリハビリ施設を出て、自宅に戻るという。病状や介護の必要性など細かいことは全くわからない。

ただ、義父が落ち着くまでもう少しカリフォルニアに留まるほうがいいとリンと夫自身が判断し、夫は私たちがNYに戻る来週明けでも、まだそちらにいる可能性が高い。

私はといえば、あっと言う間に最後の1週間になってしまい、気ぜわしくなってきた。

4週間の日本滞在は長いようでも、最初の1週間は時差ぼけと子どもたちへの説明で時間が取られ、やっと2週目に落ち着くと、3週目はかなり早足で終わり、気が付くと残すところ1週間。最後は駆け足のようになる。

あれもしなくちゃ、これも買っておかなくちゃと、カレンダーと財布の中身を見比べていると、あっという間に時間が過ぎる。

毎回こんな感じで、今年もそのようになりつつある。



クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

 |  生活  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲ページトップへ

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://halfwaymark.blog114.fc2.com/tb.php/248-c0c3ac50

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲ページトップへ

 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。