スポンサーサイト

--.--.-- (--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

 |  スポンサー広告

「凍土の約束」

2009.08.12 (水)


「凍土の約束」(渡辺俊男著)を読んだ。

著者は東京慈恵医大卒の元軍医。戦後、ソ連軍の捕虜としてシベリアのラーゲリに収容され、2年余りを過ごした。そこで知り合ったルーマニア人の捕虜との友情と約束についての実話である。

この本はオンラインで書評だけ見ていて、ぜひ読みたいと思っていたものだ。

暑い中、10分歩いて図書館に行って来た。他にも新刊やベストセラーが揃っていて、NYでは不可能な日本語の本に対する渇望を満たすべく、最大限の8冊を抱えて、また歩いて実家に戻った。

高校生のときは自転車通学をしたのに、いつのまにか自転車に乗れなくなっていた。しかも、自転車用のレーンなどないから、ただでさえ狭い道路を車と共有である。歩道では引いて歩かないと危ない。結局、歩くしかないのである。いい運動にはなる。それに本のためなら、それくらいのことはできる。

     *     *     *

出かけるのがきらいな私だが、なぜか極限状況にある人間の話が好きである。たとえば、極地探検やエベレスト登頂、それからシベリア抑留についての本。

ソ連軍の捕虜だった人の手記はいろいろ読んだが、「凍土の約束」は非常に淡々とした筆運びだなと思った。むしろ、淡々としすぎている。現実の恐ろしさをこれでもかと訴えたりはしない。

抑制の効いたわかりやすい文体なのだが、こういう人だから捕虜同士でうまくやっていたのだろうと思う反面、もう少し押しが強ければ、ルーマニア語の手紙を翻訳できる人を探せただろうにと歯がゆい。

医者というだけでなく、芸術にも造詣が深く、戦前の医科大学だから当然ドイツ語もできるし、英語もできる。本文の挿絵も著者の手による。教養のある人が書いた文章だなと思う。

     *     *     *

収容されて1年目に捕虜の8割が死ぬようなところでも、人間性は失われなかった。もちろん、ソ連将校に取り入ったり、仲間を密告したり、生き延びるために手段を選ばなかった人もいたと書いてあるが、一方で助け合いや励ましあい、友情がはぐくまれた。

何も無いところで、手作りのバイオリンでコンサートをしたりもするのだ。シャツや上着を融通したり、手作りのサンダルを作ってあげたり、計算尺をプレゼントしたり、罰を受けた捕虜に食べ物を差し入れたり。

著者は零下40度の中で長時間整列させられたときに、ふと見た雪の結晶の美しさに目を奪われる。

生きるか死ぬかのときに、どうしてそんな余裕があるのか、私にはわからない。でも、本の裏表紙に載っている著者のいい顔を見ると、それがうそだとは思えない。

ナチスドイツの収容所にいたヴィクトール・フランケルが書いた「夜と霧」を思い出した。

     *     *     *

8月なので、新聞やテレビでも戦争をテーマにしたものが目立つ。

「朝日新聞の秘蔵写真が語る戦争」という本も借りてきた。ガダルカナルから生還した元兵士達の特集をNHKで見た。

母は私がそういうものを見たり読んだりして話しかけても、ほとんど返事をしない。たまに、女学校の友達のお父さんが死んだとか、ポツリと話し出すことがあるだけだ。

思い出したくないのである。「戦争はいやだよ。」と言うだけである。

そういえば、亡くなった祖母も同じだった。

日本に来ても、ニンテンドーDSでくだらない闘争ゲームをやっている子どもたちを見て、だれか反戦ゲームを作るべきじゃないのかと思う。



クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

 |  本と映画  |  コメント(1)

Comment

そうですね。

私も思います。反戦ゲームを作る勇気のある人はいないのか!この暑い日本の八月の数日のみ反戦を語る愚かしさに恥を知れと!何気ないこの幸せな、普通の後ろ側に多くの犠牲があることを思い出させるお盆がやってきました。
Naruyo |  2009.08.13(木) 10:05 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲ページトップへ

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://halfwaymark.blog114.fc2.com/tb.php/237-28471d21

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲ページトップへ

 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。