スポンサーサイト

--.--.-- (--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

 |  スポンサー広告

ご近所一家SMさん

2009.03.05 (木)


お向かいから2軒離れたSMさん一家は、奥さんがパートで働いていることを別にすれば、50年代のアメリカはこんな風じゃなかったかしらと思わせる。

ご主人は毎朝きちんと早く家を出て、30分ドライブして会社へ。5時前には帰宅して、庭仕事をする。ボーイスカウトのキャンプや遠足にも付き添う。他の家では業者を雇っている芝刈りやFall Cleanup(大量の落ち葉を片付ける)、ドライブウェイの補修、雪かきも、ぜんぶご主人がやっている。

ご主人は中間管理職。とにかく真面目で実直。人生のレールを確実に歩いてきたような人で、「決まりを守り、心身を鍛え、他人には親切に、がモットーです。」と言われても驚かない。外国人である私にも非常に丁寧に接してくれる。

奥さんは、近くのショッピングセンターでインテリア売り場の売り子パートをしている。女性は専業主婦か専門職のどちらかという近所の中では、例外中の例外である。奥さんも、ボーイスカウトの世話役をしているし、学校でのボランティアにも積極的に参加する。肥満が多いアメリカでは珍しく、鶏がらのようにガリガリ。そのために皺が目立つのだが、それでも気候のいいときはウォーキングに余念がない。

ご夫婦とも締まりやで、奥さんからは「これをこうして、こんなに節約できたのよ」という話をよく聞かされた。

     *     *     *

きっちりした信念で子どもを育ててきたとアピールしたいらしいのだが、どうも他のアメリカ人にはそれが鼻に付くらしく、SMさんがいないところではよく悪口を言われていた。肝心の子どもも、年齢の割りに非常に幼いところがあって、親が甘いんだか厳しいんだか、私にはよくわからなかった。

2人息子で、上はハイスクールのSophomore(高校4年間の3年目)で、楽器もやり、アドバンスコースも取り、ボーイスカウトも続け、学校の劇にも出て、大学進学目指して着々とレジュメができあがっている。いまだにしっかりと親が手綱を引いている。

続き

下は、ミドルスクール。再来年はハイスクールである。うちの子と同じ学年なので、しょっちゅうお誘いの電話がある。私が送り迎えしなくていいので楽チンなのだが、毎週のように呼ばれると、さすがに気が引ける。

でも、子供同士の付き合いがあるおかげで、近所では一番親しい一家で、何かと助けてもらっている。ちょっと癖のある奥さんで(といっても、うちの近所は変人が多い)、SMさんのすぐ隣に住む小金もちのLEさんと一時期派手なケンカをしていた。

LEさんが家のペンキをブルー系から赤っぽい色に塗り替えたところ、SMさんは「それでは私の家がかすんでしまう」と抗議。SMさんの長男がLEさんの子どもたちとLEさんの庭で遊んでいて、メガネが壊れたところ、「お宅の敷地で起きたことだから、弁償してくれ」と要求。

まだその頃は子どもたちが小さくて、スクールバスを待つために、母親たちが毎朝バスストップに集まっていた。だから、こういう話はすぐ伝わる。ご近所は、SMさんとLEさんが長いこと張り合っていたのを知っている。どっちもどっちなのだが、2人とも気が強いので、どちらかが引っ越すまで、また一騒動あると私はにらんでいる。

お互いシャクに障る相手ではあるのに、そこがアメリカ人で、うわべは親しそうに話をしたり、ほめあったり、悩みを聞いたり、ときにはハグすらしているのだ。

<今日の英語>

I'm afraid you've got the wrong number.
まちがい電話です。


電話を受けたら、「ナンシーなの?」というイギリスなまりの女性の声。「まちがい電話です。」と言うと、素直に謝ってくれた。30秒もしないうちに、また電話。私の声で、同じところにかけたのがわかったらしく、本当にすまなそうに謝っていた。その後はかかってこないが、ナンシーさんにつながったのだろうか。私のHello? は日本語なまりがあるので、いきなりWho's this?(あんた、誰?)と言われることも多い。それはこっちのセリフだ。Who's THIS?(あんたこそ、誰よ?)




クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

 |  アメリカ人  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲ページトップへ

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://halfwaymark.blog114.fc2.com/tb.php/20-4ec9701d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲ページトップへ

 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。