スポンサーサイト

--.--.-- (--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

 |  スポンサー広告

未解決の医療費

2009.07.17 (金)



「あなたの健康保険ではカバーされていません。」という通知が来ていたコロノスコピーの費用について、2度目の EOB (保険給付明細書)が郵送されてきた。

前回と同じく、「適用されません。」

日付が違うだけで、中身は1回目とまるっきり同じ書類である。形式的に再送したとしか思えない。まったく、やる気があるのか、ないのか。

カバーされないなら、その理由を具体的に述べるべきじゃないのと思いつつ、再び保険会社へメールを書く。

電話では言った言わないになりそうで、期待できない。しかも、電話で「病院の入力コードミスです。保険の対象です。」と言った人はペーパーワークを処理する係ではないので、適当なことを言っているだけではないかという不信感が強まる。

そして、保険会社が動くのを待っていては埒が明かないので、病院の経理にもメールする。

「6月19日のコロノスコピーに関し、私の保険会社はクレームを却下しました。病院による医療コードの入力ミスだと連絡を受けました。早急に正しいコードで再度申請してください。」

こういうときは、自分は絶対に正しいという気持ちで主張しなければ、相手を説得することはできない。

*     *     *

コロノスコピーには、この病院の使用料だけでなく、施術に関わる細々した費用が発生していた。

保険会社はそれぞれの医者からのクレームを処理し、私にも EOB を郵送してくる。それによると、

【1】 ドクターSのクリニックでの consultation 事前説明と診察: 請求額$258。保険会社のガイドラインによる割引$184。保険会社支払い$0。自己負担 $184。

【2】 ドクターSによる surgery 施術: 請求額$1623。割引$754。保険会社支払い$696。自己負担$174。

【3】 ドクターAによる anesthesia 麻酔: 請求額$910。割引$328。保険会社支払い$466。自己負担$116。

上記3件は保険会社での処理は終わっていて、あとはドクターのオフィスから私宛に請求書が届くのを待つだけである。それにしても、自己負担が大きい。

却下されているのは、病院の設備使用と施術に関する備品や検査費である。総額$6623の内訳は、

手術 $4751
回復室 $635
麻酔 $881
肺関連 $103
尿検査 $120
備品 $103
薬 $27
IV $3

手術 (surgery)というのは手術室の使用料らしい。医者には支払ったのに、手術室や備品などには払わないというのが信じがたい。

それでは、医療行為は保険会社が払うが、場所や薬は自費で調達せよと言っているようなものではないか。

*     *     *


面倒だが、この戦いに勝たなければ、医療費を払ってもらえないのだと自分に言い聞かせる。

支払いを無視していたら、そのうち借金取立ての会社に回される危険がある。そうなると、クレジット・ヒストリーに影響するし、夜討ち朝駆けで払えと言ってくるだろう。

去年、遺言作成を依頼してから一度も用事のなかった弁護士に頼むべきか。弁護士費用と医療費を天秤にかけてみる。

こんなとき、アメリカは弱肉強食の国なんだなあと、20年も住んでいてしみじみ思う。食うか食われるか。お金と知識と気力・体力の勝負である。

政府の健康保険改革はなかなか進まない。

アメリカの国勢調査によると、2006年度の無保険者は4700万人、人口の15.8パーセント。2000年度に比べて22パーセント、2005年度から5パーセント上昇した。6月の失業率が9.7パーセントという現状において、雇用者が健康保険を提供することの多いこの国では、失業すなわち保険喪失なので、無保険者は増える一方である。

世界一のGDPを誇るアメリカで暮らしながら、本当の豊かさはこの国にあるのだろうかと疑問に思う。


<今日の英語>

Words fail me on this one.
これに対しては言葉もない。


ネバダ州知事の両親が、息子の情事の相手とその夫、子どもたちに9万6千ドルを支払ったことが発覚。知事は51歳。両親は、情事の相手と家族は昔からの友だちであり、スキャンダルに巻き込まれた彼らが心配だったという理由でお金を渡したと弁解。実は、相手の夫が知事とその両親をゆすったらしい。

その記事に対する読者の投稿。ハイスクールの生徒じゃあるまいし、いい年して親に尻拭いさせるなんて、こんなふざけた話がありますか。ばからしくて何も言えませんよ。



クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

 |  医療  |  コメント(2)

Comment

面倒なことこの上ありませんね。アメリカ人のだんな様はアメリカ社会に疲れていらっしゃる??? komatta3があまりに優秀なのがむしろ彼にとっては好都合でした。頑張ってください。結果楽しみにしてます!!!
Barry |  2009.07.18(土) 01:24 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

> Barryさん
ほんとに面倒です。でも、金額が大きいので戦います。うまくいくといいのですが。
komatta3 |  2009.07.18(土) 20:14 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲ページトップへ

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://halfwaymark.blog114.fc2.com/tb.php/197-58a99f31

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲ページトップへ

 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。