スポンサーサイト

--.--.-- (--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

 |  スポンサー広告

女王陛下からのメッセージ

2009.06.28 (日)


スコットランド人でありながら、英国の期待の星としてウィンブルドンで勝ち進んでいるアンディ・マレー。

世界ランキング3位のアンディはたいへんなプレッシャーの中でよくやっている。まだ22歳。もし決勝で(フェデラーに?)勝ったら、1936年以来のイギリス人による男子シングルス優勝である。

ウィンブルドンの前哨戦であるクイーンズ杯でマレーが優勝したが、これもイギリス人としては1938年以来の快挙であった。

そのアンディに女王陛下から直々にメッセージが届いたという。

そして、7月5日男子シングルス・ファイナルの日には女王陛下は何も公務を入れておりません、という王室関係者の発表。

女王陛下の御前でウィンブルドンの決勝で戦う。想像するだけで胃がキリキリするようなプレッシャーである。

女王陛下はテニスがお好きでないのか、イギリス選手が勝てないからか、ウィンブルドンに顔を出すことはあまりないらしい。特等席があるのにもったいない。

*     *     *

ESPNの解説をぼんやり聞いていた私は、アンディが女王陛下から受け取ったメッセージは電話だとうっかり思い込んでしまった(ほんとはお手紙。メールではなく、紙に書いたもの。アメリカでは、大統領がナントカ選手にお祝いの電話をしましたという報道がときどきあるので、つい…)。

もちろん番号を押すのは侍従だろうが、受話器を受け取って、女王はなんと名乗ったのだろうかと気になった。

Hello, this is Elizabeth.
Hello, this is Elizabeth Windsor.
Hello, this is Queen Elizabeth.
Hello, this is your Queen.

どうもピンとこない。夫に聞いたら、

「侍従がこれから女王陛下におつなぎしますと紹介するんだから、名乗る必要はない。女王はHello, Andy. じゃないかね。そしたら、Andy は Hello, Your Majesty. って言えばいいんだ。」

「あら、そんなもんなの。」

王室のないアメリカにいるせいか、こういう話題はめったに出ない。

いくら若い臣下だからって、アメリカ人じゃあるまいし、いきなりファーストネームで呼ぶ? やっぱり格調高く Hello, Mr. Murray. じゃないの。

「そんな難しい話じゃないよ。じゃあ、日本の天皇が電話するときはなんて名乗るんだ。」

うーん、天皇陛下が外部の誰かに電話したいとなると、5人くらい間に入るんじゃないかな。それでもって、天皇陛下におつなぎいたしますとなったら、天皇は「もしもし、ヤマダさんですか。」とまずお言葉をかけるかもしれない。

「自分でエンペラーですとは言わないと思うけど。でも礼儀正しい人みたいだから、明仁ですと言うかもね。」

美智子様に求婚したときも確か正田家に電話をしたはず。皇太子ですじゃなくて、やっぱり名前じゃないの?それで美智子様はそういう大事なお話はお電話でなく、直接お目にかかってとおっしゃったんじゃない? 

さすが美智子様(ミーハーな私は彼女のファンである。天皇制や他の皇族はどうでもいいが、彼女だけは特別。ほぼ完璧な人が母親なのに、長男があのざまとは本当に嘆かわしい)。

「ありえん。アキヒトファーストネームだろう。天皇がそんなふうに名乗るはずはない。」 

「あら、あなたロイヤル・ファミリーと電話で話したことあるの? それに、天皇家にはラストネームがないんだから、ファーストネームを名乗らざるをえないじゃない。」

天皇からも女王からも電話なんかかかって来るはずもないのに、くだらない議論で貴重な時間をつぶしてしまった。


<今日の英語>

What did it say?
(手紙には)何と書いてありましたか。


アンディの試合後の記者会見で、女王陛下から手紙をもらって驚きましたかという質問に続けて。クイーンズ杯での勝利おめでとう、ウィンブルドンでもがんばって、というそつのないものだったそうだ。優勝したら Sir の称号をあげますからね、なんてお下劣なことはおっしゃらない。



クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

 |  社会  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲ページトップへ

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://halfwaymark.blog114.fc2.com/tb.php/163-d02f9c97

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲ページトップへ

 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。