スポンサーサイト

--.--.-- (--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

 |  スポンサー広告

アメリカから見たカタカナ英語

2009.06.23 (火)


私は毎朝NYタイムズと朝日新聞をネットで読む。カタカナ英語が出てくると、つい頭の中で英語のスペリングを考えてしまう。

「ユビキタス」を初めて目にしたとき、新種の植物の名前かな、確かユキノシタというのがあったな、それともに関係する新語かなと思ったが、意味が通じない。読み進めるうちに、ubiquitous (普遍的な・どこにでもある)だとわかったときは、思わずうなってしまった。ユビキタスと来たか!

ふだん、ユークィタスに近い発音をしていたので、ピンとこなかった。それに、日本語にもある概念だから英語を使うとは思わなかった。ユビキタスに近い発音をする人もいるらしいが、yubikitasu とは全く違うはずだ。

どうしたって英語の発音をカタカナで正確に書くことは不可能である。

私が日本を離れている間に、日本語風のものも英単語をそのままカタカナにしたものも含め、英語が日本人の生活にますます浸透したらしい。オバマの就任演説全文(原語)へのリンクが朝日のトップページに出ていたりするのだから、英語のできる人が増えたんだなと思う。

コンプライアンス(遵守、応諾)
カーボンオフセット(二酸化炭素相殺)
ワーキンググループ(作業部会)

こんなのが今日の見出しに普通に出ている。英語のパワーを見せつけられるような気がする。正確には、アメリカ経済と文化の影響力によるアメリカ英語のパワーか。

私はそれほど言語感覚がよくない。だから、カタカナ英語をさっと英単語に結び付けることができない。

実は、クリスマスツリーのツリー tree とわかったのは、渡米して6年目に初めてナマの木を買いに行ったときである。そのときツリーはトゥリー tree なのだとわかった。

もちろん tree の日本語訳は木であることは中学のときから知っていたが、カタカナのツリー=英語のtree だと自分の中ではっきりつかめたのはこのときだ。まるで、ヘレン・ケラーがサリバン先生に井戸水を手にかけられて、water を理解したときのようだった(いや、そこまで劇的な出来事ではないか)。

*     *     *

姉がよく日本から電話してくるが、時々わからない単語がある。たいていカタカナ英語である。「いま何て言った?」 姉が言い直してもわからない。「もっとゆっくり言って。」それでもだめなら、「どういう意味が日本語で説明してよ。」 わかってみれば、なんのことはない。

10年前でさえ、老人を昼間だけ預かる行政サービスをデイサービスと呼んでいた(アメリカでは、adult day care や senior service)。

80過ぎの祖母の口から「今日は、デイサービスの日だで、楽しみだやあ。」というセリフが出てきて、たまげた。おばあちゃん、いつの間にそんな言葉覚えたの? デイもサービスも英語よ! ところで、デイサービスって何をするの?

3年前に、乳がんの手術を受けた70過ぎの伯母と話したとき、「セカンドオピニオンをもらわにゃと思っただけど、もうはっきりしとったで、やめただよ。」と言われた。伯母は昔から勉強家である。さすが伯母さんだわと感心したが、これも一般に使われていることが後でわかった。

*     *     *

先月、ひさしぶりに行った日本食品店の前で日経新聞の購読キャンペーンをしていて、1部タダでくれた。オンラインでは読めるけれど、の日経なんて何年ぶりだろう。株式チャート以外は隅から隅まで読んで、まだ捨てずに取ってあるのだ。

日経には女性向け雑誌の広告も出ている。なんだか知らない雑誌が多い。

そこに「モードなデニム」「モードな1万円」「モードな着こなし」と書いてある。

何だろう。モードといえば、プリン・ア・ラ・モード。流儀、状態、方法か。トップモードは和製英語だけど(標準的な英語なら High style か)、最新流行ということか。じゃあ、「モードな服」は流行の服ということかな。

それにしても、ピンと来ない。「モードな1万円」は、1万円で買える流行の服? 「モードな」で検索したら、4620万ヒット。とっくに定着している言葉らしい。今まで目にしなかったのが不思議なくらいだが、私は日本の雑誌は購読していないし、ウェブでも読まないので、当然か。

具体的にどんな服なのか、なんだか気になって調べてみたがよくわからない。これは来月日本に帰ったときに実地調査するしかない。

余談だが、日経に出ていた銀行の名前にも驚いた。私が覚えているのはせいぜいさくら銀行までである。

りそなやみずほ、UFJ は知っていたが(でも元はどの銀行なのかさっぱりわからないし、どうしてりそななんて舌をかみそうな名前にしたのかも知らない)、セブン銀行、イオン銀行、じぶん銀行など初耳である。トマト銀行というのは覚えがある。

NYには Apple Bank があるが、それはNYCが Big Apple と呼ばれているから名づけたと思われる。日本にはりんご銀行はなさそうである。青森県の地銀の名前としてどうだろうか。


<今日の英語>

Is it hot in here? Or is it me?
ここ暑くない? それとも私が熱いの?

歯科衛生士の一言。私は暑くない。むしろ涼しい。彼女も私も半袖。上から照らしているライトかマスクのせいかなと思ったけれど、彼女の目の周りのしわを見て、hot flash だとひらめいた。閉経の症状の一つ、ほてりである。周囲の人も暑いと思っているかを知りたいときによく使う言い方。



クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

 |  言語  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲ページトップへ

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://halfwaymark.blog114.fc2.com/tb.php/156-1fd42011

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲ページトップへ

 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。