スポンサーサイト

--.--.-- (--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

 |  スポンサー広告

レシピ: アイスボックス・クッキー

2009.06.21 (日)



=== 簡単レシピ その 8 ===
アイスボックス・クッキー

  1. 室温でやわらかくしておいた無塩バター1本(1/4 ポンド=113g)をボールに入れ、ハンドミキサーで攪拌する。
  2. グラニュー糖100ccを加えて、さらに攪拌する。
  3. 卵1個とバニラエッセンス少々を加えて、さらに攪拌する。
  4. アーモンドパウダー50ccを入れ、小麦粉300ccをふるいながら入れて、しゃもじで混ぜる。
  5. 広げたサランラップの上に置いて、棒状に成形し、冷凍庫で30分冷やす。
  6. 厚さ5ミリに切って、天板に並べ、350°F(175℃)のオーブンで18分焼く。

  • バターは数時間カウンターの上に出しておくと、ちょうど軟らかくなる。電子レンジや湯せんで溶かしてはいけない。
  • 攪拌時間はそれぞれ1~2分。均一になればよい。
  • 成形するとき、サランラップの空き箱に入れるとやりやすい。
  • 冷凍庫にしまうときは、空気に触れないようサランラップできっちり包む。
  • 市松模様にしたいときは、ドウの半分をサランラップに落として、棒状にし、残り半分にココアパウダー大さじ2を入れてしゃもじでまぜ、これも棒状にする。冷凍庫で30分冷やしたら、たて半分に切って、牛乳を表面に塗って交互になるようにくっつける。また冷凍庫で30分冷やしてから焼く。

*     *     *

計量カップで計るので正確ではないが、多少小麦粉が多かったり、砂糖が少なかったりしても、味に大差はない。バターさえ出してあれば、思い立ったらすぐできるところが気に入っている。

元は日本のレシピでバター1本プラス大さじ3くらいだったが、バター1本分に換算し、適当に端数を切り上げて、覚えやすい分量にした。ケーキと違って、クッキーはおおらかにできる。

いつもは半分だけすぐ焼き、残りは冷凍庫に入れておく。食べたいときにその都度切って焼けばいいのだが、たいてい翌日あたりに「もっとクッキー!」という声があがって、結局全部焼いてしまう。

うちは、クッキー・ドウの長期保存方法に悩むことはない甘いもの一家である。


<今日の英語>

You have no reason to be here.
ここにいる理由なんか全然ないじゃないか。


自分のゲームが終わった次男が、長男がやっているPCの後ろでいつまでも見ている。見ているだけならまだしも、あれこれ口を出す。長男が、Go away! あっち行け!と命じるのも時間の問題か。



クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

 |  レシピ  |  コメント(2)

Comment

こんにちは。

このクッキー、簡単そうで作ってみたいと思いました。

でも以前にロスでアーモンドパウダーを探したんですが、近所のスーパーでは置いていなかったんです。今は日本にいますので買って帰るのですが、アメリカで
も手に入るんですね。



Barry |  2009.06.21(日) 19:47 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

> Barryさん
私はTrader Joe'sで買いますが、手元にないときはスライスアーモンドをフードプロセッサーで粉砕して代用しています。
komatta3 |  2009.06.22(月) 05:01 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲ページトップへ

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://halfwaymark.blog114.fc2.com/tb.php/154-b7dd43b1

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲ページトップへ

 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。