スポンサーサイト

--.--.-- (--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

 |  スポンサー広告

面識もない人にお金をあげたいって

2009.06.08 (月)


「きみはこういう話はきらいだろうけど。」と夫が切り出した。

私がきらいな話題はたくさんある。

夫 「ぼくが参加してるオンラインゲームを知ってるね。そこの大人グループがあって、ある人がお金を集めて、あるメンバーに贈り物をすることになったんだ。」

わたし 「そのゲーム、子どもたちもやってるやつでしょ。どうして相手が本当に大人かどうかなんて、わかるわけ?」

夫 「子どもたちは子どものエリアしかやってない。それにぼくはもうこのグループとは半年間いっしょにプレイしてるから。」

わたし 「(うさんくさい話…)なにを買ってあげるの? どこの人?」

夫「何を買うかはまだ決まってないけど、彼らはミズーリにいる。」

わたし 「いくら?」

夫 「150ドル。Money Order 郵便為替で送ることになってる。」

なんで一度も会ったことがない人に150ドルもあげなくちゃいけないの? どうしてこの人はこんな話に引っかかるんだろうか。それとも、ゲーム友だちというのは嘘で、ほんとはもっと違うことをしているのだろうか。それとも、躁うつ病の症状?

わたし 「この不景気に、よくみんな150ドルなんて出せるわねえ。」

夫 「うーん、それはそうなんだけど、みんなで決めたから。いいかな、150ドル。」

いいも悪いも、うちにあるお金は私が投資で儲けた利益以外は、すべて夫が稼いだもの。

わたし 「あなたがあげたいなら、そうしたら?月曜日にATMで引き出してくるから。」

夫 「今日、ピザをもらいにいくとき、自分で出してくるよ。新しいATMを試さないと、きみたちが日本に居る間に困るから。」

わたし 「1か月分の現金は用意しておくわよ。それに、ほとんどクレジットカードで生活できるでしょ。今日出したって、郵便局は開いてないからマネーオーダーは作れないし。」

夫 「まあ練習がてら行ってくるよ。許可してくれてありがとう。」

私がノーと言ったら、どうするつもりだったんだろう。簡単にあきらめたとは思わない。私がお金の管理をしているけれど、150ドルくらいどこからでも動かせる。

そして、夫は150ドルのはずが200ドル引き出してきた。余分の50ドルは私にくれた。

わたし 「マネーオーダーを郵送するということは、そのゲームプレーヤーの本名と住所がわかってるのね。(まさかあなたの名前と住所も明かしてないでしょうね?!)

夫 「まあ、そういうことになるね。」

*     *     *

夫は教養もあるし、頭も悪くない。それなのに、どうしてこんな話にのるんだろう。

どう考えても、詐欺としか思えない。150ドルという中途半端な金額もあやしい。まあ1500ドルや15,000ドルでなくてよかったけれど。

何人がこの計画に加わっているんだろう。4人としても600ドル。赤の他人に上げる金額じゃない。お金を賭けてゲームして負けたんだろうか。

それともゲームは単なる口実で、ほんとは別の取引があるのか。相手が男か女かどうかもわからない。ほんとにミズーリなんていう証拠もない。夫は自分で郵便局に行くと言う。

私はもともと疑い深い性格だから、オンラインで読むことは半分しか信用していない。夫は無防備すぎる。電話でのアンケートなんかにもペラペラしゃべる。私はどんな調査だっていっさいお断り。すぐ電話を切る。

本当は夫にATMの使い方を覚えてほしくないけれど、クレジットカードでキャッシュ・アドバンスを使われたら、もっと大変なことになる。

クレジットカードにもあいかわらずヨーロッパの不審なチャージがあり、夫に確認すると全部自分が使ったものだと言う。

私がたびたび聞くので、夫も自覚しているし、私が不審に思っていることも知っているはず。一つ一つの金額は50ドルや100ドルでも、合わせたらとっくに1000ドルを超えている。そんなお金があったら、貯金すべきじゃないの?

これが躁うつ病のせいなのかどうか、わからない。

冷静に考えれば、こんなおかしな話はない。夫が郵便局に出かける前に、もう一度説得してみようか。


<今日の英語>

If it sounds too good to be true, it probably is.
話がうますぎると思ったら、たぶんその通り(ありえない話)である。


NYタイムズのビジネス欄で、在宅ワークについてのアドバイスがあった。経験不要、簡単に儲かりますなんていううまい話はない。登録料だの秘密マニュアルだのにお金を払ってはいけない。特に不景気のときは、そういう詐欺に引っかかりやすいので注意。



クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

 |   |  コメント(2)

Comment

おっしゃる通りだと思います。
150ドルなら騙されても、授業料だと思え、警察にとまではいきませんよね。
でも、Net上で世界67億人に呼びかけたらどうでしょうか?
komatta3さんの推測は正しいかもしれませんね。
Respect Miss. Yamaguchi Eriko |  2009.06.08(月) 10:30 | URL |  【編集】

なんだかというより、このご時世ですから、とても怪しいです。
良いカモにされていると思います。
他の事例を出して、引き止めてみることはできませんかね~。
さくら |  2009.06.09(火) 06:11 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲ページトップへ

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://halfwaymark.blog114.fc2.com/tb.php/137-c4b42a92

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲ページトップへ

 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。