スポンサーサイト

--.--.-- (--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

 |  スポンサー広告

やっと落ち着いた

2012.09.23 (日)


と言いたいところだが、なんだか毎日いろんなことに追い立てられている気がして、慌しい。

時間はあるのだが、せわしない。あれこれ焦ってばかりで、はかどらない。それなのに、YouTubeの動物ビデオに現実逃避したりして、私は何をやってるんだか。

メールの受信箱にコメントが届くたびに「そういえばブログがあった」と思い出したものの、先送りしているうちに9月後半になっていた。4ヶ月近くも更新していなかったのかと他人事みたいに驚いた。

どこまで書いたのか思い出せない。記憶をたどるべく最後の記事を読んだら、まるで3年前のできごとのような気がするのはなぜか。

月日の経つのが異様に早い。駆け足なんてもんじゃない。全力疾走になる日も遠からず。平均寿命でいけば、あと30年あるのに、物理的な時間と心理的な時間のバランスが狂っている。

ともかく、覚えていることを書く。


         *


クレジットカードの不正使用と、勝手に私を発送人とした封筒が同じ詐欺師によるものと確信した私は、5月31日、州警察の分署に行った。

警察周辺はしばしば通るが、この町に住んで17年間一度も足を踏み入れたことはなかった。民家を改造したような小ぶりの建物である。

入り口は施錠してあり、頑丈なキーパッドが付いていた。駐車場にパトカーや乗用車が何台かあるので、中には誰かいるはずだが、ノックしても返事はない。

階段の下に「御用の方はこの電話をお使いください」とあったので、受話器を持ち上げた。建物の中ではなくて、本署への直通らしい。「今日、この分署には誰もいないんでしょうか」と尋ねると、少し待たされた後、「いるはずですが、誰か差し向けます」とのことだった。

証拠品の書類を抱え、ドア付近で待つ。

15分くらい経つと乗用車が来て、中年女性と娘さんらしき人が降りた。3人で立ち尽くし、「遅いわねえ」と言いながら、お母さんのほうが「あなた、そのボタン押してみた?」 

そんなボタンにはまったく気がつかなかった。

押すと、すぐに中から施錠の外れる音がした。銀行のカウンターみたいな全面ガラス張りの向こうに、警官が2名。無線のやり取りがそのまま聞こえる。

入り口のドアは、外からは鏡で何も見えないが、中からは外が見えるようになっていた。

私たちが見えたはずなのに、どうして開けてくれなかったんだろう。誰か入ってくるまで、ガラスから離れたところにいるのだろうか。ボタンを押す、つまり警察に用事があるという意志表示がなければ開けないという決まりがあるのだろうか。

母娘は、娘さんがライフガードになるための書類をもらいにきただけで、すぐ帰った。

私は隙間から証拠書類を出し、ガラスの向こうの警官に話をした。

私みたいな詐欺の被害者がどれくらいこうやって警察の窓口にやってくるのかわからない。しかし、テキパキとして丁重な対応だった。「そのままお待ちください」と言われて、入り口の堅いベンチに戻る。しばらくして横のドアが開き、別の警官がやってきた。

そして、奥の小部屋に案内された。


         *


右の壁際に、木製テーブル1台と木の椅子が2脚。左の壁は、おそらく向こうからは見える一面の鏡。天井近くに小さい窓が一つ。あとは何もない。

「おかけください」と言われて椅子に座ると、壁側に金属の頑丈な取っ手があり、そこから鎖と手錠がつながっていた。

ここは取調室か!

私は被害者だが、この分署は小さい。他に適当な部屋はないらしい。

犯罪ドラマで見るのとそっくりだった。当初の目的はどこへやら、こんな場所の見学はアメリカ生活23年にして初めてだと興奮した(ぜひともブログに書かねば!と思ったが、こんなに時間が経ってしまった。記憶が薄れた反面、いまだに覚えていることは印象が強かったわけである)。

こういう場所こそ携帯で写真を撮る価値があるのではないかという考えが一瞬浮かんだ。

しかし、どこかに隠しカメラが設置してあるかもしれず、私が無知なだけで撮影禁止が常識かもしれない。不審者と思われたら困るし、警察内部無断撮影の罪で検挙されたらどうすると妄想が膨らむ。

「こういうところは初めてです。こんなことは二度とないかもしれません。記念にぜひ一枚」と申し出るのも、そぐわない気がして、あきらめた。

いま思うと、聞くだけ聞いてみればよかった。貴重な撮影の機会を逃したのは残念である。

持参の書類を見せながら、一通りの説明をした。私は自分が詐欺に無関係であるという証明を残して置きたい、そのためにポリスレポートがほしいと訴えた。

「わかりました。それでは、いまおっしゃったことをこれに時間を追って記入してください。できるだけ具体的に、詳しく。スペリングは気にしなくていいですから」と2枚の紙とボールペンを渡された。

調査書の用紙である。

それから小1時間ほど、大学以来と思われる手書きの英作文に取り組んだ。

すでに何度も話したので、それほど大変ではなかった。むしろ私は張り切った。テストでいい点数を取ろうという気持ちに似ていた。

スペリングを間違えるなんて恥ずかしいではないか。日本の学校英語教育は私の骨の髄までしみこんでいるのである。

警官は、私のなまった英語を聞いてスペリングを気にしないようにと言ったのではない。スペリングを間違える(そして、おそらく間違いに気がつかない、あるいは気にしない)アメリカ人が驚くほど多いのだ。そういう人たちがスペリングを心配していたら、いつまでたってもまともな調書ができない。この際、綴りや文法より内容のほうが重要だからでもあろう。


          *


こういう調書は本人が自筆で書くものらしい。

なぜか私は警察が私の話を聞いてまとめてくれると思っていた。日本のドラマでは、おまわりさんが「それで自転車にはカギをかけていたんですか」などと質問しながら、なにやら書き取っていなかったか。あれは、ただの演出なのだろうか。

途中で別の警官が様子を見に来た。ラルフと名乗り、彼がポリスレポートを出してくれるという。

私の作文が完成したあとで、オフィサー・ラルフはこの手の詐欺がどのように行われるかを話してくれた。州外の人物が関わっていることから、この件は他州の警察そしてFBIが扱うのだそうだ。ただし、優先順位は相当低い。

この警察署ではポリスレポートを発行する以外のことはできないという。

私はここで解決してもらうつもりはなかったし、もし捜査が入っても私は無関係だという証拠を残せたらそれでよかった。

数日後にできあがったレポートは、拍子抜けするほど簡単なものだった。

これで一件落着したが、9月になってまた私が差出人となっている封筒が届いた。受取人拒否により「差出人」に返送されたためだが、中には偽のマネーオーダーと以前と同じメモが入っていた。

前のレポートの証拠に加えてもらうために、もう一度警察に行くつもりだったが、つい先延ばしをしている。

その後、オフィサー・ラルフはもちろん、他州の警察やFBIからはなんの音沙汰もない。
スポンサーサイト



クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

 |  生活  |  コメント(3)

6月から9月まで

2012.09.24 (月)


しかし、4ヶ月間のできごとを1件ずつ長々と書いていては、いつまでたっても追いつかない。最終更新日の5月26日以降に何があったか、カレンダーを見ながら、まとめてみる。詳しく書きたい話は、いつかまた別の記事にするとして。


           *


6月1日
長男のシニア・プロム。友だちの親が迎えに行ってくれて、他の数人とその子の家に泊まる。長男以外にも、ガールフレンドなしで出席した子がいた模様。これでケイティのことは吹っ切れたか。

6月16日
ハイスクールの卒業式。テレビや映画で見たことはあるが、出席したのは初めて。田舎なのでこじんまり、子どもたちもおとなしい。それでも大学の施設を借り、ガウンを着て、例の房付きキャップをかぶり、本格的だった。音響が悪くてスピーチはあまり聞き取れず、ステージが遠くて目の悪い私にはほとんど見えず。

6月20日
次男に小さい虫歯が3本あることが判明。自分が歯で苦労したせいで、あれだけ小さいときから気をつけて、毎年2回検診を受けさせてきたのに!と、私は動揺し、泣きたくなった。「そんなにひどくないですから」と歯医者に慰められるも、相当長い間立ち直れず。その後、次男の歯みがきを厳しく監視。

6月23日
次男の今季テニスレッスン最終日。夏休み中のレッスンは何も申し込まなかった。9月から再開するはずが、次男は口で言うほどやる気無し。8月になって、今後の予定を確認するためコーチにメールしろと言ったところ、やってもいないのに「メールした」とすぐばれる嘘をついた。もう止めさせることにした。お金と時間の無駄である。


             *


7月2日
次男の自動車教習Driver's Ed開始。これより6週間、実技(朝7時)と講義(朝8時半)が1日置きにあり、ハイスクールへ私が毎日送り迎えをする。8月半ば、無事に終了し、証明書をもらう。半年たてば、路上テストを受けることができる。しかし、まだハイウェイは3回しか運転したことがなく、練習不足。次男の自信過剰運転は荒っぽくて、心臓に悪い。

7月9日
私が1年以上前に応募した会社から、採用テストのお知らせが届く。いくつか試験を通って、パートタイムの契約社員となる。自宅のパソコンを使って平日の数時間だけ働けばいいのだが、慣れるまで時間がかかり、やっと先週あたりから余裕が出てきた。英語の勉強と思ってやっている。しかし、仕事にはなんの保証もない。プロジェクトが終われば、私もお払い箱となる。半年続いたら御の字か。夫の障碍手当てと配当金以外の現金収入がない今は、それでも貴重である。給料は私の銀行口座に全額預金し、emergency fundとして手をつけないことを夫に提案する。夫はGood idea!と賛同したが、ケチな私は、このしがない収入を自分のものにしておきたいだけである。

7月21日
長男がめでたく空手の黒帯試験に合格。この夏一番の懸案だったのでホッとする。怪我が怖いし、大学が始まるし、これで終わりにするはずが、本人は続けたいという。お金がないと先生に相談したところ、かなり安くしてくれた。夏休み中と、大学の休みで家に戻っているときだけ通うことになった。

7月後半から8月末にかけて、長男の大学入学準備で(私だけ)アタフタと過ごす。ATMカードを作ってやったり、必要品の買出しに連れて行ったり。しかし、長男は課題の制作もあるのにハイスクールの友だちからしょっちゅう遊びに誘われ、家にいるときは部屋でチャットか次男とカードまたはゲーム。やっぱりギリギリになった。

こんな調子で大学でやっていけるのだろうかと気を揉む。


         *


8月23日
長男の路上試験。目印らしいものがなく、そのへんを何度もぐるぐる回った。車が並んでいる先頭に錆びた小さい掲示が見え、列の最後に並ぶ。なかなか進まず、アメリカ人のおばさんたちは「これじゃ、予約の意味がないじゃない!」と試験官に詰め寄る。しかし、並ぶしかない。結果は不合格。減点30点までが合格ラインなのに、長男は50点減点と聞き、呆れる。1回目は落ちる子も多いらしいが、もっと必死にやれないものか。

8月27日 
地下室の洗濯機の横にある排水ポンプSump Pumpのモーターが延々と動き続ける。自分であれこれ試みるも、直らず。配管工を呼び、修理してもらう。Float switch115ドル、人件費165ドル。計280ドル+税金で303ドル。

トイレがよくつまるので、トイレの取替えについて尋ねると、そういう仕事もやっているとのこと。お勧めのトイレGerber Viper 17” High ADA Bowlを教えてもらい、隣町のお店で2つ注文。ボウル・タンク・フタのセットと税込みで475ドル。

翌日取り付けに来てくれた。もっと早くやればよかったと後悔する。うちのは相当古い型だったらしい。17年前に家を建てたときに付いてきた安物だから、それもそうだろう。トイレが詰まったの、溢れたのというストレスから解放される。設置には、人件費330ドルと部品代で計373ドル、プラス税金で404ドル。古いトイレは持って行ってくれた。台所と洗面所の蛇口からの水漏れについては、もう寿命なので蛇口そのものを取り替えないと無理とのこと。

例によって、夫は一切関知せず。


           *


9月1日
明日は大学寮へ引っ越すのに、長男の友だちジェイクがこれでお別れだからと家にやってくる。あと3ヶ月もすればホリデーでみんな帰省するのに、まったく大げさな。夕食はいっしょにピザ。私は次男と夫に手伝わせて、冷蔵庫だのプリンターだの大きいものを車に積み込ませる。まるで夜逃げのような大荷物である。長男は真夜中まで荷造り。

9月2日
朝7時にボストンへ出発する予定が、支度の遅い夫のせいで1時間近く遅れる。しかも、夫は新品のトイレを詰まらせ、私は「あれだけのお金をかけたのに!プラマーがお勧めのトイレなのに!」と、たいへんなショックを受け、非常に不機嫌になる。それを見て、夫も怒る。こんな日にどうして口論をするのか。夫はすぐにけろっとしたが、私は車の後部座席でムスッとしたまま。最初は長男が運転するも、荷造りで疲れている模様。40分程度で、私が交代。あとはMass Turkpikeで川を渡る最後の休憩所まで私がずっと運転した。ボストン、ケンブリッジ市内は夫が運転し、どうにか指定の場所に乗り入れる。手続きをして、鍵をもらい、再び車に戻って、いよいよ寮へ。

私と夫は夕方ボストンを出て、家に戻った。次男は1人で猫たちと留守番。ゲームとチャット三昧だったことは容易に想像がつく。

9月4日
いつもの小児科で次男の健康診断。ハイスクールに提出する書類に記入してもらう。「去年より1インチ背が伸びて、体重は5ポンド減りました」と背伸びして計測するナース。小柄な長男の背はもう伸びないだろうか。

9月5日
ハイスクールの新学期初日。次男は1人で登校、1人で帰宅する。生まれて初めて、兄がいない生活となる。
      
やれやれと思ったのもつかの間、9月17日と18日はユダヤの祝日で連休。26日も休み。毎年のことながら、9月は実質半月しか登校しない。夏休みをズルズルと引きずっているような気がする。

9月6日
ボストンからの帰途、アコードにOil Life 10%の表示が出た。オドメーターは18000マイルなのに、最後のオイルチェンジは去年の12月末。ディーラーで15000マイルの点検をしてもらう。230ドル。2007年モデルでこれしか走っていないのは、よっぽど出かけていない証拠である。私のミニバンにしても同じこと。

往復にはディラーのシャトル・サービスを頼む。こういうときにチップを渡すべきなのか、下りてから迷う。夫に聞くと、「考えたこともなかった」。アメリカ人約1名の意見を参考に、不要と判断する。


           *


これで9月は終わりである。

しかし、もう長男の空手と次男のテニスの送り迎えも、どちらかで1時間、2時間と待つこともなくなった。子どものために拘束される時間は激減した。

それなのに、掃除も庭仕事もはかどらない。むしろ、パート仕事を口実に、家事をサボる始末。

ある種の人間は、楽なほうへ楽なほうへとなびくのである。



クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

 |  生活  |  コメント(0)

金食い虫

2012.09.29 (土)


なんだか出費の多い夏だった。巷でよく言われるとおり、配管工が儲かるわけだ。

それ以外にも、毎週の芝刈り代、除草剤散布代もかかっている。芝生の種とかウッドチップとか藁とか、家の外にかかる経費は底なしである。家の中もこれから相当手を入れないといけない。

私にとって、持ち家はアメリカン・ドリームどころか、ナイトメア(悪夢)だ。

見落としていた大きな出費を思い出した。

5月30日、セントラル・エアの修理に680ドル。

夫が暑がりでアレルギー持ちなので、エアコンは春先からつけていたのだが、だんだん外気温が上がるにつれて、室内が冷えている感じがしなくなった。おかしいなと思いつつ、自分を騙していたところ、5月末にかなり暑い日があり、無視できなくなった。

外に設置してある巨大な箱を見ると、音だけ大きくて、羽が動いていない。いやな予感がする。もしや春からぜんぜん機能していなかったのではないか。

修理を呼ぶと高い。まずはネットで検索である。

しかし、感電死せずに私にできそうなことはなかった。

毎年ボイラーの点検やオイルの配達を頼んでいる会社がエアコンも手がけるようになったという手紙を思い出し、電話すると、「予約が一杯で、いつお宅に伺えるかわかりません。来週になるかもしれません」。

急に暑くなって、うちみたいなお客がいっせいに修理を頼んだらしい。

あきらめて、このエアコンを設置した会社Tに電話する。工事がいまいち適当だったので、気乗りしなかったが、この暑さでは猫がうだってしまう。


          *


T社も忙しそうだったが、次の日に来てくれた。

頼りないくらい若い男性で不安になった。でも、よく考えたら、ここ数年、修理の人たちがどんどん若返っているのである。

まず家の中のサーモスタットや屋根裏を調べると言い、持参のビニールカバーを履いてくれる。工事関係者は土足でも許す私だが、こういう気遣いはうれしい。

家の中では問題が見つからず、裏庭に回る。私だけヒンヤリする地下室へ避難した。

しばらくして、様子を見に出ると、「ネズミですよ」とお兄さん。「しかも2匹。1匹は感電死。もう1匹はここに快適な住まいを作ってたみたいですね。見ますか?」

何が苦手って、ネズミほど嫌いなものはない。激しく首を横に振る私。

配線や部品もかじられていた。Field mouseと呼ばれる小さい種類で、どこの隙間にも入れそうな輩である。おそらくガレージにも出入りしているであろう。

静寂と清浄な空気とプライバシーと、野生動物との共存および被害額を秤にかける。答えは出ない。


          *


「乾燥機に入れるシートはお持ちですか?」とお兄さん。

ネズミはあれが苦手なのだそうだ。急いで2枚取りに行く。

しばらくすれば効果がなくなるだろうから、私が取り替えねばならない。しかし、いいことを教えてもらった。

めでたくエアコンが再起動すると、瞬く間に室内が冷え冷えとしてきた。ありがたいことである。

この間、夫はまったく関知せず。エアコンが直ったと知って、地下室から2階の自室へ移動した。

どうしてそんなに修理人を避けるのか。めんどくさいのが一番の理由だろうが、相手のほうが自分より詳しいのが気に入らないのだと私はにらんでいる。専門家なのだから当たり前なのに、男のプライドはなんとやっかいなものか。


            *


それにしても、世の中にエアコンを直したり、トイレを付け替えたりできる人がいてよかった。

みんながみんな、弁護士や会計士や会社員になっては困る。車のメカニックだって、芝刈りだって、歯科衛生士だって、いなければ世の中が回らない。

毎週ごみの収集に来てくれるありがたさ。スーパーに果物や牛乳が並ぶありがたさ。

牛を飼って乳搾りはおろか、トマト1個自分では育てられない私は、年を取るにつれて、いろんなことがありがたくなってくる。若いときは、あたりまえだと思っていた。いや、そんなこと考えもしなかった。

「この桃! こんなに上手に桃を育てられる人がいて、よかったわ~。お母さんだったら、芽も出ないしねえ」などと感激しては、次男に「また言ってる」という目を向けられる。

あんたも、あと30年すれば、わかるわよ。



クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

 |  生活  |  コメント(0)
 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。